児童虐待80万人超え

異例である。

国連の「子どもの権利委員会」は、児童虐待が年々増え続け、

2018年80万人超を日本が発表したことを深刻にとらえ、

早急に対策をとることを勧告してきた。

 

政府、国民にとって大変恥ずかしい事でもあり、

子どもの権利委員会から、

「先進国日本は、人権課題については後進国である」

とまでいわれてしまった。

 

これは、文部科学省、行政、教育委員会児童相談所、警察の連携の問題では

済まされない事であることを国民は自覚しなければならない。

 

この問題に関連し、関西では、虐待死「ゼロ会議」をスタートさせた。

35団体と個人が参加する。

 

児童虐待は、養育者や密室な関係のあるパートナー等からの

1、身体的虐待

2、心理的虐待(面前DV含む)

3、ネグレクト(育児放棄

4、性的虐待

がある。

 

私たちは、2年前に子育て世代の地域ごとの心理専門家の

家庭訪問による養育者カウンセリングを公益法人助成金で申請したが、

却下された。

ジレンマである。

 

一番の問題である、養育者が社会的・家庭内環境によって児童虐待

至るまでの要因を取り除かなければ、対策は効果を得ない。

 

とにかく、児童虐待が起きる前の対策を抜本的に関係機関と地域が連携して

活動しやすい仕組み作りが必要である。

 

例えば、1歳未満の乳児のネグレクトによる死亡率は非常に高い。

貧困家庭やひとり親家庭児童虐待は起こりやすい。

無論、すべての家庭ではない。

 

ぜひ、子どもの権利擁護を理解し、自尊心の向上をしなければならない。

子どもは抱きしめてあげて

児童虐待数は、平成29年より昨年は1万件以上増加し、

13万3778件と過去最多と厚生労働省は発表している。

 

これはどういうこと?と信じがたいのだ。

虐待は、

身体的虐待、心理的虐待、性的虐待、ネグレクト(育児放棄)が言われる。

父親からの母親へのDVは心理的虐待に含まれる。

 

この中で一番高い件数を出しているのが、

実は、心理的虐待の7万2197件で圧倒的である。

次に、身体的虐待が3万3223件で、

その次に、ネグレクトが2万6818件で

性的虐待が1540件ある。

 

心理的虐待は、心無い罵声や冷ややかな言葉を延々と浴びせるケースが多い。

また、ネグレクトは7割が0歳児で、育児ができない親が多いとされる。

そして死亡率も高い。

要因は親自身が子どもの頃虐待にあっていたケースは多いと思う。

そして親が子育て中に地域や家族の中で孤立しているケース。

総じていうと、愛情の欠如などと可愛いものではなく、愛のかけらさえないのだ。

 

勿論、育児は簡単ではない。

子どもは0歳児に多くのことを吸収するという。

母乳や人肌ミルクを与える、おしめを交換する、汗を拭いてあげる

ずっと傍にいてあげないとダメなんだ。

0歳や~2歳で一番大事なことは、これらもあるが、

正しい言葉をかけてあげ、同時に抱きしめてあげる。

 

勿論3歳以降も大事だが、特に乳児期はとても大切である。

赤ちゃんには伝わらないと思いますか?

これが実は子どもの一生に関わることなんです。

温かみのある人になるのか、何も感じない人になるのか。

 

1つだけ、赤ちゃんがおもちゃで遊んでいるのを眺めているのはネグレクトでは

ありませんが、必ず声掛けしましょう。

もう1ついうと、DVDなんかを一人で見せないでください。

一緒に見て、感じたことを声がけしてみてくださいね。

お願いします。

 

子どもの育て方

いきなり言われても、親はいなくても子は育つとしか言いようがない。

といきなり身もふたもない話であるが、

実際に「赤ちゃんを、子どもをどう育てていいかわからない」

親はいるのである。

 

それは自身がネグレクト(育児放棄)にあったり、

潜在的愛着状態を体験していないからである。

難しい話はしないで言うと、

子どもは抱きしめてあげることが一番なのである。

人肌の温もりを親から子に伝えることが、

子ども自身が人間であることを自覚する事につながるのである。

 

逆に怒らない親も増えた。

怒り方がわからないのである。

 

乳児から幼児にかけて、年齢で言えば2歳・3歳以下では(個人差はある)

子どもは母親のお腹の中にいる時の記憶が残っている。

だから子どもは時々「バァーてでてきた」とか「お母さんのお腹でフワフワしてた」

みたいな表現で記憶を話してくれる。

 

ところが3歳位を境に、その記憶は潜在的にしまわれ、

目の前で起きていることに興味を持つ。

 

ひとつ例を挙げてみると、2歳頃怒られた(ほどがありますが)記憶は

恐怖としては残りません。

しかし3歳を過ぎると恐怖として記憶されるのです。

例えば危ないものを持って振り回すこと。

これは2歳頃に絶対させてはだめです。

暴ないものというより、ケガにつながるものです。

適度に怒ってください。手を軽く叩いてもいいです。

体で覚えさせてください。

3歳以降は理屈で怒ってください。

ちゃんと説明してあげてください。

 

<子育て四訓>

乳児は肌を離すな

幼児は肌を話して手を離すな

少年は手を放して目を離すな

青年は目を離して心を離すな

 

 

ヤマハ音楽教室

私はヤマハ音楽教室で長年勤めていました。

営業ですが楽器を売るのも大変です。

そんな毎日ですが、高額ですし簡単に売れるものではありません。

ですが音楽教室に通ている生徒宅やこれから習おうかな、って考えているご家庭も訪問するので、

自然と教室の宿題の質問やこれからのこと、

才能がないと思うからやめさそうと思う、

姉妹で妹が向いていないんじゃないか?とか、

子育てのことも沢山ご相談いただきました。

 

だから子育てで様々な工夫をされているご家庭や、

放任主義のご家庭や、

スイミング、バレエダンス、公文教室、体操教室、英会話スクールなどの

習い事づくめの子どもなんかは疲れ切っていたので可哀そうに思ってました。

 

生徒は幼児や児童が多いのですが、頑張って続けている

中学生、高校生、大学生、社会人も一人一人が目的をもって通ってました。

当然、進学進路があるわけなので、より会話に責任を感じていました。

 

このブログでは「子どもから青少年」の話、「人と人のつながりの大事さ」を経験をもとに書いていきたいと思います。