子どもの育て方

いきなり言われても、親はいなくても子は育つとしか言いようがない。

といきなり身もふたもない話であるが、

実際に「赤ちゃんを、子どもをどう育てていいかわからない」

親はいるのである。

 

それは自身がネグレクト(育児放棄)にあったり、

潜在的愛着状態を体験していないからである。

難しい話はしないで言うと、

子どもは抱きしめてあげることが一番なのである。

人肌の温もりを親から子に伝えることが、

子ども自身が人間であることを自覚する事につながるのである。

 

逆に怒らない親も増えた。

怒り方がわからないのである。

 

乳児から幼児にかけて、年齢で言えば2歳・3歳以下では(個人差はある)

子どもは母親のお腹の中にいる時の記憶が残っている。

だから子どもは時々「バァーてでてきた」とか「お母さんのお腹でフワフワしてた」

みたいな表現で記憶を話してくれる。

 

ところが3歳位を境に、その記憶は潜在的にしまわれ、

目の前で起きていることに興味を持つ。

 

ひとつ例を挙げてみると、2歳頃怒られた(ほどがありますが)記憶は

恐怖としては残りません。

しかし3歳を過ぎると恐怖として記憶されるのです。

例えば危ないものを持って振り回すこと。

これは2歳頃に絶対させてはだめです。

暴ないものというより、ケガにつながるものです。

適度に怒ってください。手を軽く叩いてもいいです。

体で覚えさせてください。

3歳以降は理屈で怒ってください。

ちゃんと説明してあげてください。

 

<子育て四訓>

乳児は肌を離すな

幼児は肌を話して手を離すな

少年は手を放して目を離すな

青年は目を離して心を離すな